ステロイドの山

ステロイドはよく効く薬のようです。
私は一番最初に処方されたとき
ぜんぜん効かなかったので別の非ステロイド剤でしのいでいました。
そのためステロイド剤の詳細を知ってからは一切使わずにいました。

塗るとすぐに炎症がおさまる魔法のような薬。
ステロイドはアトピー性皮膚炎の特効薬のようですが
人間の本来持っている自然治癒力を弱めてしまう最大の欠点があります。
皮膚の免疫力を使わず薬に頼るわけですから
だんだんと皮膚が薬に依存していくわけです。
そのため一生ステロイド剤を使うことになってしまいます。

インターネットではステロイドの悪い点ばかり書かれているので
怖くなってステロイドは処方されても使わずにいました。
沢山の病院を回ったので多くの使われないステロイド軟膏がたまっていきました。
成分はいろいろで、調べてみるといろいろな強さのステロイドが処方されていました。
皮膚科の先生はとりあえずステロイド軟膏と抗ヒスタミンの飲み薬を出してきます。
お医者さんとしては炎症をすぐにでも抑える必要があるので仕方が無いのですが
私はどんなに悲惨な状態になってもステロイドを塗るに気はなれませんでした。