ステロイドは魔法の薬か。

どこの病院でもまず出されるのがステロイドでした。
私はネットでステロイドは怖いものだと思っていたので結局使わずにいました。
何とかステロイドを使わずにアトピーを治せないものかと
色々な病院に行きました。
でも結局みな同じ結果です。
病院のお医者さんからはステロイドか抗ヒスタミン剤の飲み薬が処方されるばかりです。
症状が軽いときは抗ヒスタミン剤を飲んでいれば痒みは出てきませんでしたが
夏になって体温が上がり、炎症がひどくなると
抗ヒスタミン剤は効いてくれなくなりました。

腕と顔、足、首と全身に炎症が広がったときもステロイドには手を出せませんでした。
体の免疫が弱くなり、自分の自然治癒力が無くなってステロイド無しでは生きれなくなる。。。
このような強迫観念があって処方される度に捨てていました。
そのためどんどん症状は悪化し炎症は広がっていきました。

私の場合は睡眠不足が原因だったため
薬を使わなくても病状が良くなりましたが
アトピー性皮膚炎は原因も千差万別で個人差があります。
アレルギー源を見つけられなければずっと痒みに悩まされてしまいます。

世の中にはステロイドを使わないと生きていられない人もいます。
私は昔、 喘息を持っていたため
病院で白い湯気みたいな霧状のステロイドを吸引していた時期がありました。
妙に苦くて、吸っているように見せかけたり、嫌々吸引していました。
どうしてもキツイときはステロイドを使用するのも悪くないと思います。
自分で量を決めたり強さを判断すると良くないですが
生活に支障をきたしたり、生きていくうえで障害になるようなことがあれば
使用は止むを得ないと思います。

就職活動や面接のときなどは将来を決める重要な場面なので
まず集中できるように、炎症を抑えた方が得策ではないでしょうか。
とりあえず症状を止めて、炎症の悪化を食い止めた状態で
ステロイドを使わない他の治療法を模索するのが最善の選択だと考えています。