個人差が大きいアトピー性皮膚炎の原因

アトピーは不思議な病気です。
複合的な事が原因で発病したり、一つのことが原因で病気になったりします。
アトピー性皮膚炎は他の病気と違い、なかなか病気の原因を突き止めることが出来ません。
私の場合も相当な時間がかかりました。
アトピーは突如発病します。
なんの前ぶれもなく、ある日突然に症状が出てきます。
はじめはただの皮膚のかぶれだと勘違いします。
病状が進行してから初めてアトピーと自覚しいろいろ対処します。
しかし、素人の知識では限界があり、病院に行くことになります。
病院の先生でも同じで、アトピーが発病した原因を発見するのは一筋縄ではいきません。
病院を何件も何件も受診しても良い結果が得られない事が多いです。
アトピーの患者によって、一人ひとり原因が異なって、
なかなかはっきりとしたアレルゲンを見つけられません。
病院では診断の時間も限られてきます。
皮膚科の先生だけに頼っていては病気の原因を発見できないと感じました。

アトピーの厄介なところは他の患者さんの治療法があてにならない事です。
他の人の治療法をためしても全く効果がないことがあります。
実際私も色々な治療法を試してみましたが、いっこうに病状は良くなりませんでした。
アトピーはその人の症状に効く治療法でないと意味が無いのです。
しかもその方法がなかなか発見できないのが問題です。
アトピーの原因やアレルゲンは無限にあります。
こればっかりは自分で地道に解明していくしかありませんでした。
病気には必ず特定の原因があり、その原因さえ取り除けば治ります。
アトピーの根本的な治療は、その原因の発見にかかっていると思っています。