薬や病院よりも運動で治す。

アトピーの症状が発症したとき、私はほとんど運動やスポーツはしていませんでした。
学生の頃は運動部で汗を流していましたが、
大人になってからはほとんど体を動かす習慣はなくなっていました。
時間的に5年ほど、そのような暮らしを過ごしていて運動不足の体になっていきました。

人間は体にある程度の疲労がないと熟睡できないようです。
眠りが浅い睡眠を取っても、体の免疫は回復せず、疲れがたまっていきます。
体力勝負の仕事だと、仕事終わりにグッスリ眠れるかもしれませんが、
デスクワークの人は精神的に疲れてはいても、体力的には疲労してない場合が少なくありません。
浅い眠り→疲れが取れない→運動する気にならない→浅い眠り
という悪循環に陥りがちになります。
深い睡眠をとるには運動は不可欠だと思います。

私の場合は気分転換も兼ねて、近くの公園にジョギングに行ったり、自転車でサイクリングをして
意識して運動をするようにしました。

おすすめは雨が降っても家の中で運動できるエアロバイクです。
エアロバイクはフィットネスクラブでもよく見かける、負荷を自由に変えられる動かない自転車のような物で
外でジョギングするより、はるかに短時間で汗がでます。
1分間こぐだけで汗が出てきますし、心拍数が上がります。
5分もやってると足がパンパンになって始めの時は筋肉痛になるくらいです。
何十分も何時間も運動に時間をかけてられない忙しい方にもぴったりのトレーニング器具です。
私は今でもエアロバイクで運動不足を解消しています。
外でジョギングするのは走るのが好きでない人は続かないと思います。
エアロバイクは短時間で汗のかく運動ができ、雨の日にも運動を中止しなくていいのがオススメのポイントです。

薬に頼っていてもいずれ体が薬に慣れていきます。
薬の耐性ができてくると、更に強い成分の薬が必要になってきます。
健康的に治療するには適度な運動を行い、深い睡眠をとることが重要だと思います。